薪棚施工

 

 

薪ストーブ屋だからこその視点で、薪ストーブライフを充実させてくれる薪棚を幅広く提案・施工いたします。

 

 

薪棚がしてくれること

 

薪棚はただ、薪を置いておくだけのものではありません。

 

薪を最適な状態にさせるという重要な役割を担っています。

 

日当たりや風当たりが良く、寒い冬に重たい薪をストーブまで持ち運ぶ動線までを想定した場所選びが大切です。 

ー デザイン ー

お庭を彩る要素も兼ね備える薪棚。ずっと好きでいられるデザインを目指します。

ー サイズー

薪棚は保管しておきたい薪の量や長さなどを細かく設定する必要があります。ご要望をヒアリングしてベストサイズの薪棚をご用意いたします。

ー 安全性ー

薪棚の設置において、一番大切なのが安全性。強風や薪の重さに耐え、使っていて安心できる薪棚を施工いたします。


02 SIZE


階段の下や柱の裏など

限られたスペースでも設置可能です。

薪ストーブのサイズや、設置場所・使用頻度はさまざま。どんな薪の長さが適していて、保管しておくには一体どれくらいの容量の薪棚が必要になるのか、不安な方も多いと思います。

薪ストーブ屋だからこそわかるベストサイズを見つけます。


・ベストなプラン選び

設置場所、必要な薪の量などからベストなプランを提案します。

スチール(鉄)製の柱を使い幅を木材の幅により自由に調整できる棚や全て木材を使用しての作成。屋根の材質もご希望に合わせて施工致します。
スチール(鉄)製の柱を使い幅を木材の幅により自由に調整できる棚や全て木材を使用しての作成。屋根の材質もご希望に合わせて施工致します。
必要な薪の量や置く場所のスペースに合わせて『幅』、『高さ』を全てオーダーでお受けします。省スペースでも2列にして積載量を倍にするプランも。
必要な薪の量や置く場所のスペースに合わせて『幅』、『高さ』を全てオーダーでお受けします。省スペースでも2列にして積載量を倍にするプランも。
薪棚の役割は薪を保管して乾燥させること。そのために日当たり風当たりが良く、薪を運ぶ際のストーブまでの動線も考慮してベストな位置をご提案致します。
薪棚の役割は薪を保管して乾燥させること。そのために日当たり風当たりが良く、薪を運ぶ際のストーブまでの動線も考慮してベストな位置をご提案致します。


・安全施工

デザイン性だけではなく、長く安全にお使い頂けることも大切にしています。

土や砂利など重みがかかった際に沈んでしまうような場所への設置は大変危険です。そのため設置部分に土間打ちをしたり束石を置いて安定した下地を必ず取り入れます。
土や砂利など重みがかかった際に沈んでしまうような場所への設置は大変危険です。そのため設置部分に土間打ちをしたり束石を置いて安定した下地を必ず取り入れます。
屋根を取り付けると風をうけやすくなり、薪棚の転倒リスクが考えられる場合には補強した下地にアンカーボルトを打ち付けて脚が浮かないように対策をしています。
屋根を取り付けると風をうけやすくなり、薪棚の転倒リスクが考えられる場合には補強した下地にアンカーボルトを打ち付けて脚が浮かないように対策をしています。
薪作りに必要なチェンソーや斧、薪割機などの販売も行っております。作業を安全に行うためのアイテム取り扱いや講習も行います。薪棚設置後の薪作りまでサポートしますのでご相談ください。
薪作りに必要なチェンソーや斧、薪割機などの販売も行っております。作業を安全に行うためのアイテム取り扱いや講習も行います。薪棚設置後の薪作りまでサポートしますのでご相談ください。