Bottle-in-Bottle

視点を変えた固定概念に捉われないプロダクトをカタチにしていく

老舗ホーロー加工メーカー『ovject

 

日々の暮らしに関わるモノを提案してくれるovject製品の一つ

Bottle-in-Bottle

私自身もこのアイテムの可能性に惹かれて購入してしまったので

製品特徴や買うと決断したポイントについて紹介します

Bottle-in-Bottleの一番の特徴は

二重構造になっており、ステンレスボトルにほうろうボトルを内瓶として納める構造

 

ステンレスボトル単体としても使えるがほうろうボトルがあることにより

材質上適さなかった酸性、果汁、塩分などあらゆる飲料を入れることができます

金属特有の臭いなどが飲料に移りにくくコーヒーやスープも風味を損なうことなく飲めます

 

 

私が買うか検討したときに大きく心が揺らいだ特徴が

内側のほうろうボトルが外せてそのまま冷蔵庫に入れれば中の飲料が冷やせるという点

よくあるステンレス製ボトルだと冷たさが中飲料まで伝わりません

しかし、内側に収まるほうろうボトルであれば可能になります

 

夏になると夜にコーヒーを落として寝ている間冷蔵庫へ入れて

次の日の朝冷えたアイスコーヒーを持っていくことが多いです

落としたコーヒーを冷蔵庫で冷やす際に抽出して容器のまま入れてましたが

場所はとられるし、朝の慌ただしい時間にタンブラーに移し替える手間がありました

 

実際に使ってみると落としたコーヒーをほうろうボトルへ移し替え冷蔵庫へ

朝はほうろうボトルをステンレスボトルの中へスポッと入れるだけ

急いでる朝にコーヒーをボトルへ移す時間が無くなるのも想像してた以上に助かります

 

あとは見た目がシンプルでかっこいい

ボトルが二重構造になっていたりと機能面でも今まで自分が使用していた

飲料ボトルと比べても良いと感じるポイントがいくつかあるがデザインもその一つ

私は使用しているパソコンのカラーと合わせてシルバーを購入したが

デスクにボトルを置いて眺めているだけでなんだかワクワクしてしまう存在感です

夏に向けて新しいボトルをチェックしてたり

コーヒーを落としてアイスコーヒーで職場などに持っていく方には

最適の飲料ボトルになるなって日々の生活での必需アイテムとなってくれるでしょう

 

ONLINESHOPには他の『ovject』製品もアップしてありますので是非チェックして下さい

 

Y.Arikawa