設計士夫婦が建てたこだわりが詰まった【平屋】の見学会

 

GWも本日が最終日となりますが連休中に開催されていた

小野建築設計室』にて2024/5/5(日)~2024/5/7(火)まで開催されている

展示会へ参加させて頂きました。

 

伸びやかな片流れ屋根の「平屋」の住まい

 Slow Life~薪ストーブとドッグランのある暮らし~

 

このよなコンセプトのもとお施主様は夫婦そろって設計士ということで

細かい箇所までこだわりが詰まった完成見学会でした。

 

 

片流れの大屋根と外壁の杉板貼りが目を引く煙突もサッシの枠や屋根材と合わせて

プレーンのシルバー色にしたのもストーブ屋目線での注目ポイントです。

 


 

外壁、軒天も工務店のこだわりにて節が少ない木材を

使用したとのことで仕上がりの綺麗さに圧倒されました。

 

床の木材も沢山ある材料の中から色味をそろえて貼っていった

との貴重なお話を聞かせていただく事も出来ました。

 

沢山の見学者の方がいるなかで特に目を惹かれていたのが玄関ポーチにつけられていたガラスのランプシェード。

日光市にある『808GLASS』というガラス工房のものだとのお話をお伺いできました。玄関ドアのブルーに合わせてガラスもブルーと透明部分が境目なく混ざり合ってる色味がとても魅力的でよるに壁に写る影も意図して作れない光の広がり方でさらに見ごたえがあるのとのことです。

 

庭には芝やドッグランのフェンス代わりの植栽が植えられており

家庭菜園のスペースも確保されているので引き渡し後も

変化していく様子を煙突掃除などの際に観させていただくのが楽しみです。

 

Y.Arikawa